ゲゲゲの女房 1話|結婚にあせる親たちと、どこ吹く風の義手の男

ゲゲゲの女房
スポンサーリンク

第1週「ふるさとは安来」

「ゲゲゲの女房」をAmazonプライムで視聴する

スポンサーリンク

1話のあらすじ

昭和36年1月、島根県安来市。

主人公・飯田布美枝と村井茂(水木しげる)のお見合い当日からはじまります。

見合いの朝・飯田家

「いいご縁でありますように」と、静かに仏壇に手を合わせる布美枝に反し、父の源兵衛さん(大杉漣)は、とにかく騒がしい。

妻・ミヤコ(古手川祐子)にあれこれ家内の確認をしたかと思えば、布美枝を大声で急かし、これからはじまる見合いでの振る舞い等を念押しする。

もともと亭主関白なのもあるのだろうけれど、それ以上に、このお見合いにかける父の気迫がものすごい。鼻息あらく右往左往して、まことに落ち着かない。

見合いの朝・村井家

そして、源兵衛さんに負けず劣らずの意気込みをみせているのが、茂の母・絹代(竹下景子)さんです。39歳の息子の縁談をまとめたい一心。

昭和30年代の平均初婚年齢は男性が27歳・女性が24歳なので、茂さんだけでなく29歳の布美枝さんも、この時代では親が焦り出すのも仕方ないのかも。

「きばっていかっしゃいよ!」と息子をたきつける妻の横で、「自然体でいったらよかろう」とのんびりした様子なのが、父・修平(風間杜夫)さん。

飯田家とは対照的に、村井家は”かかあ天下”のようですね。

当の本人はというと、こちらもまた飄々(ひょうひょう)として、”クラシカル”な飯田家を見上げながらにんまり。

「座敷わらしか小豆はかりでも住みついておりそうだ」と、さっそく妖怪の名前がとびだして、これからはじまる”水木しげるの物語”にワクワクします。

水木しげるの左腕

水木しげるさんは、左腕がありません。

飯田家の前に立つ茂さんの左腕が映し出されますが、それはまるでマネキンのような義手。

水木しげるさんが左腕を失ったのは、戦時中のラバウル(パプアニューギニア)でした。

一瞬、パッと閃光がきらめき、目がくらんで「あー」と叫んだ瞬間、左腕がズーンと熱くなった。すぐ近くに爆弾が落ち、吹っ飛ばされたのだ。負傷した左腕はすぐに激しくずきんずきんと痛み出した。

(引用:「水木サンの幸福論 (角川文庫)」)

「バケツ一杯分」の出血をし、意識朦朧としながら一命をとりとめたものの、傷口は熱帯の暑さでだんだんと腐ってくる。

膿が出て毒が体に回ると命が危ない。肩に近い二の腕あたりからナイフで切り落とすことが決まった。

(引用:「水木サンの幸福論 (角川文庫)」)

そして、恐ろしいことに、麻酔もされないまま左腕切断手術が決行されたのです。

そんな壮絶な戦争体験は、水木しげるさんの著書に書き記されています。

スポンサーリンク

大人しく目立たない布美枝

見合いのあれこれはここでおあずけとなり、布美枝の幼少期に話はさかのぼります。

昭和14年夏、布美枝7歳(菊池和澄)。茂さんと出会う22年前です。

大人しくて影が薄い布美枝は「おとなしすぎるけん、おるかおらんかわからんもん」と友だちにまでいわれてしまうほど。

総勢8人の大家族で、姉2人と弟2人に挟まれた中間子である布美枝は、家でもほとんど存在感がありません。小さなその声はいつもかき消されてしまうのです。

ひとりで6Km離れた叔母の家へ

そんな布美枝をとりわけ可愛がってくれる、大好きな叔母がどうやら体調を崩しているらしいと聞き、ひとり6Km離れた叔母の家を目指します。

ひたすら走り続けてたどり着いた叔母(有森也実)の家。外からそっと家の中をのぞくと、叔母は元気に仕事をしていました。

ほっとする布美枝。しかし黙って家を出てきてしまったことを思いだし、父の怒りに震えた顔が浮かぶと、叔母に会わないままにそこをあとにしました。

ひとこと声をかければいいものを、そうしないところに布美枝の性格があらわれています。

その帰り道、ひとけのない田舎道を歩く布美枝のうしろから、謎の足音がせまってきます。

コメント