ゲゲゲの女房 4話|「笑われてもいいから楽しく」コンプレックスを乗り越えて

ゲゲゲの女房
スポンサーリンク

第1週 「ふるさとは安来(やすぎ)」

スポンサーリンク

『ゲゲゲの女房』の動画配信をチェック

『ゲゲゲの女房』はFODで全話視聴できます。

FOD は月額888円 (税抜) 。今ならAmazonPayで2週間無料体験できます。

\月額888円 (税抜) AmazonPayで2週間無料!/

「ゲゲゲの女房」をFODで視聴する

動画配信サービス一覧
料金(月額) 配信数 無料期間
Amazon 500円 14,000以上 30日間
FOD 888円 3万本以上 2週間
Hulu 933円 5万本以上 2週間
Paravi 925円 非公開 30日間
U-NEXT 1,990円 15万本以上 31日間

 

4話のあらすじ

身長をからかわれたことで、盆踊り大会への参加をためらっていた布美枝(佐藤未来)は、祖母(野際陽子)の言葉に勇気づけられる。

戦況が悪化する中、父・源兵衛(大杉漣)は次女・ユキエ(足立梨花)の縁談をすすめようとするが本人は拒絶する。

盆踊り大会

祖母と共に盆飾りをしていた布美枝は「ご先祖様は願い事を聞いてくれるかな」と祖母にたずねます。

「あんまり背がのびんように」という布美枝の願いを聞いた祖母は、「のっぽでもくよくよせんでいられるように」と願ってはどうかと助言します。

内にこもりすぎる孫を心配して、もっと柔軟な発想をしてはどうかという祖母の機転。

盆踊り大会の参加をしぶる布美枝は「笑われてもなんでもない、楽しく踊ればそれでええんだよ」という祖母の言葉に勇気づけられます。

盆踊り大会。案の定、からかわれてしまう布美枝でしたが「楽しく踊ればそれでええ」といじめっ子たちをいなしました。その姿に安堵する祖母と父(大杉漣)。

「見えんけどおる」ご先祖様の存在を、そう語る祖母でした。

スポンサーリンク

太平洋戦争、戦況悪化

昭和18年、太平洋戦争の戦局は急激に悪化します。布美枝たちの装いも、もんぺ姿にかわり、茂の出兵風景もチラリと映ります。

飯田家の状況も様変わりし、布美枝の妹が誕生していました。長女・暁子は結婚し、長男・哲也は師範学校に。次女・ユキエは、女学校を卒業して教員になっていました。

ハイセンスなユキ姉ちゃんは、モンペをお洒落にアレンジしたりと、相変わらず素敵です。

ユキ姉ちゃんの見合い話

そんなユキエに、父は縁談の話をもってきました。

しかし当の本人は「親の言いなりにはなりたくない」と、これを断固拒否。毎日繰り返される父と娘のバトルに、飯田家の戦況も悪化しています。

そんな頃お使いに出ていた布美枝は、見知らぬ兵隊さんとぶつかって大事な卵を割ってしまいます。兵隊さんは謝罪し、持っていた卵を差し出しました。

受け取りをためらう布美枝に「人に届けようと思って持ってきたから」と、卵を布美枝に持たせて去って行きました。

さてさて、ユキ姉ちゃんのお見合いの行方はどうなるのか。そしてこの兵隊さんは誰なんだろう。茂さんとは別人よね。

『ゲゲゲの女房』の動画配信をチェック

『ゲゲゲの女房』はFODで全話視聴できます。

FOD は月額888円 (税抜) 。今ならAmazonPayで2週間無料体験できます。

\月額888円 (税抜) AmazonPayで2週間無料!/

「ゲゲゲの女房」をFODで視聴する

動画配信サービス一覧
料金(月額) 配信数 無料期間
Amazon 500円 14,000以上 30日間
FOD 888円 3万本以上 2週間
Hulu 933円 5万本以上 2週間
Paravi 925円 非公開 30日間
U-NEXT 1,990円 15万本以上 31日間

 

コメント