ゲゲゲの女房 58話ネタバレ感想|富田のせいで!片桐仁 (貧乏神) もあらわれ大ピンチ

ゲゲゲの女房

しんど… しんどすぎる…

富田を怒る気力もないぐらいしんどいわ。どこまでこの夫婦を追い詰めたら気がすむんだ…

富田… 富田よ… なにやってくれてんだ。

富田書房は、実際あった『兎月書房 (とげつしょぼう) 』がモデルになっていて、原稿料の不払いで ”国交断絶” していたけれど、再度仕事をうけたらまた不払いっていう。

同じじゃないか、本当の話じゃないか。

いつもひょうひょうとして、どこか楽観的だった茂さんがうなだれる姿は、なんともいえず辛いです。どうなる…

スポンサーリンク

58話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

茂 (向井理) の漫画『河童の三平』は3巻まで刊行されていた。富田 (うじきつよし) から受け取った1巻の約束手形は、無事に支払われ、今後も安定した仕事が続いていくと思われていた。

しかしまた、原稿料の支払いが先延ばしになってしまう。「どうしても金の都合がつかない」と富田は茂に頭を下げ、新たに発行した約束手形で、秋には必ず支払うと富田は約束する。

村井家で布美枝 (松下奈緒) と向き合うはるこ (南明奈) 。5冊目となる新刊を持参したはるこだったが、自分の漫画には個性がないと悩んでいた。茂のような独創的な漫画を描きたいのだと、はるこは言う。

その頃、浦木 (杉浦太陽) は近くの喫茶店ではるこを待っていた。はるこに気がある浦木は、挿絵などの仕事をはるこに渡していたのだった。そんな浦木の気持ちを知らないはるこは、茂への憧れを口にする。

一方、不動産屋に呼ばれていた茂は、家の月賦の代わりに預けていた富田の約束手形が、不渡りを出したことを聞かされる。不動産屋 (田中要次) は、支払えないなら立ち退くよう要求する。

富田への怒りを抱えた茂が富田書房を訪れると、数人の債権者たちに支払いを迫られているところだった。富田は「水木さんには一番迷惑をかけた」と泣きながら謝罪するが、茂は「泣きたいのはこっちだ!」と声を荒らげ、落胆した。

富田書房の約束手形は紙屑同然、滞っていた原稿料もすべてがふいになってしまった。

『ゲゲゲの女房』の動画配信をチェック

続きが気になる!一気に見たい!という人は、FODで全話配信しています。配信期間は2019年9月30日までなので、お急ぎを!

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「ゲゲゲの女房」をFODで視聴する

スポンサーリンク

作品情報

  • 放送期間: 2010年3月29日 〜 9月25日
  • 制作局:NHK
  • 脚本:山本むつみ
  • 原案:武良布枝『ゲゲゲの女房』
ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房

武良 布枝
発売日: 2011/09/20
Amazonの情報を掲載しています
  • 主題歌:いきものがかり「ありがとう」
ありがとう

ありがとう

500円(09/21 06:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

58話の感想

「この手形がさらなる貧乏を招くことになるとは茂は思ってもいませんでした」

という野際陽子さんんのナレーションにただただ「怖い怖い… なになに…」と震えてました。

久しぶりの貧乏神 (片桐仁) の後ろ姿に「やめて〜〜!!」と顔をしかめたけれど、本当にひどいことが次々と…

それもこれもすべて富田のせいだけどね。

富田コノヤロウ

語彙力どうかと思いますが「富田コノヤロウ!!」が駆け巡った58話。

中の人がうじきつよしっていうのが、なんだかさらに腹立たしさを誘う (どういうこと? 自分でもわからん) 。

富田書房に支払いを迫りにやってきたのは

  • 印刷会社 「印刷代払え!」
  • 製紙会社 「紙代払えよ!」
  • ビル管理会社「家賃踏み倒すつもりか!?」

でしょうか。

茂さんと再会した時点の富田は、すでに多額の借金を抱えているはずで『河童の三平』の利益は全部そっちに当ててた?

そもそも勝算なんてあったの?

茂さんとしても『河童の三平』を世に出すために、藁をもすがる思いだったんでしょうが、他に打つ手はなかったのかと悔やまれてなりません。

三海社の深沢さんもう戻ってこないの?

今のところ、出版業界でまともだったのあの人だけだわ。

浦木とはるこ

茂さんがそのうち大ブレイクすることは分かってるのに、どうにも落ち着かない。貧乏が半端なくてしんどいですが、言ってても仕方ないので、浦木で和みましょう。

浦木、中森さんの壮行会で会って以来、ハルコに夢中だったんですね。

ふぅーん。

ま、そんなことはどうでもいいんですけど、ハルコに挿絵の仕事渡すならゲゲにも渡せ

ハルコと浦木の絡みは、ちょっと心許なさを感じますが、どんより暗いときは彼らで中和するのが一番です。

浦木!香水つけすぎだぞ!
浦木!村井家を ”貧乏屋敷” ってあんまりだぞ!
浦木!茂さんを ”変人” だなんてコラ (反論弱い)

以上!

ハルコも順調に5冊目ですか、深沢さんの先見の明がすごいですね。復活してほしい。まだ言う。

さてさて、ハルコがやたら茂さんを語りうっとりしていますが、その気持ちって単なる師弟愛ですよね。男女の愛はここでは不要なので悪しからず。

本当どうなる村井家!

片桐仁さんと不動産屋店主の田中要次さんを令和に見たら『あなたの番です』がちらつきました。

『ゲゲゲの女房』の動画配信をチェック

続きが気になる!一気に見たい!という人は、FODで全話配信しています。配信期間は2019年9月30日までなので、お急ぎを!

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「ゲゲゲの女房」をFODで視聴する

コメント