ドラマ「まだ結婚できない男」1話ネタバレ感想|帰ってきた桑野が相変わらずで嬉しい

スポンサーリンク

ドラマ「まだ結婚できない男」が、いよいよ始まりました!

桑野さん、おもしろかった!

オープニングに歌が入るのって久々に見ましたよね。懐かしいなぁ。それだけでワクワクしちゃいました。

前作と同様に、歌うのは持田真紀さんで、曲は「スイミー」から「まだスイミー」に。

劇中に流れるBGMも同じだし、前作への愛とリスペクトが感じられてとても良かったです。

続投の俳優さんたちも、まるでそこに13年の時が流れていたかのように自然で、嬉しかったなぁ。

前シリーズの「結婚できない男」感想はこちら

注意:感想にはネタバレを含みますので、未視聴の方はお気をつけください。
スポンサーリンク

1話のあらすじ

あらすじを読みとばす

桑野信介 (阿部寛) は腕のいい建築士。ルックスもさることながら収入も人並み以上だが、「メリットがない」という考えから結婚の経験はなく、さらに、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っていた。

母の桑野育代 (草笛光子) と妹の中川圭子 (三浦理恵子) は、そんな“結婚できない”桑野の性格を嘆くが、唯一、義弟の中川良雄 (尾美としのり) だけは良き理解者。

さらに、かつての部下で、現在は共同経営者の村上英治 (塚本高史) も、長年の付き合いから桑野の性格を熟知していた。

そんなある日、日課のエゴサーチで、桑野を非難している“やっくんのブログ”の検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき、桑野は怒りをあらわにしていた。

近所でたまたま事務所を構えていた弁護士の吉山まどか (吉田羊) に相談するが、例のごとく、偏屈な発言を連発する桑野の言動に、まどかは戸惑いつつも「敵を作りやすい」とチクリ。

しかし、嫌味など意に介さない桑野は、後日、まどかの弁護士としての実力を測るべく裁判所を訪れ、驚くまどかをしり目に離婚裁判を傍聴するのであった。

まどかは、夫からの離婚の申し出に同意しない妻・岡野有希江(稲森いずみ)の代理人で、この日は原告である夫の浮気が争点に。しかし、浮気を決定づける証拠はなく、有希江は圧倒的不利な状況。

閉廷後、偶然トイレで原告の夫と弁護士の話を聞いてしまった桑野は、「お金よりも平穏な暮らしがしたい」と和解の提案を受け入れようとする有希江に「和解はどうかな…」と、余計な口出しをしてしまう。

一方、桑野が暮らすマンションの隣の部屋には、若い女性、戸波早紀 (深川麻衣) が引っ越してきた。桑野は早紀の荷物をジロジロ見て話しかけたり、大音量でクラシックを聴いたりするが、そんな桑野に早紀は…?

(引用元:「まだ結婚できない男」公式HP

続きを読む (ネタバレ)

傍聴の帰り、泣いている有希江を見かけた桑野は、有希江が店長を務めるカフェまでタクシーで送り届ける。「そのうち来てください」と優しく声をかけられると、さっそくその日に訪れる。

英治は、アシスタントの横田詩織 (奈緒)丸山裕太 (荒井敦史) と共に居酒屋にいた。かつて桑野が付き合っていた女性医師が、最近、お金持ちと結婚したことがわかる。

建築現場を訪れた信介は、向かいの分譲マンションに女性と入っていく有希江の夫をみつける。それは夫の隠し財産だった。まどかの事務所をおとずれた桑野は、和解の手続きをしにきていた有希江とばったり会う。

真実を言い淀んでいた信介だったが、マンションの存在はすでにまどかも調べており、有希江の知るところとなる。思いがけず時間を過ごしてしまった桑野には、予定していたシンポジウムの時間が迫っていた。

まどかの運転する車で、なんとか会場にたどり着き、桑野の講演がはじまった。「未来の建築を考える」というテーマのシンポジウムで、信介は、自分が思う家のあり方を語る。

「未来なんて誰にもわかりません。分からないから不安になる。人生100年時代がきて、人生が長くなれば不安は増えるが、希望もある。人生には必ずセカンドステージがきます。結婚してもしなくてもセカンドステージが幸せかどうかには関係ないんです。そこに人生の本質はありません。ひとりでも快適に暮らせる家を作りたい」

そう語る信介の言葉に、まどかと有希江は聞き入っていた。信介の話を聞いて元気が出たという有希江は「これから自分の足で歩いて行こうと思った」と信介に伝える。

夜、流しそうめんキットで、ひとり夕食を楽しむ信介は「50年ぐらい一人で大丈夫だなぁ」と晴れやかに言う。

作品情報

  • 放送期間:2019年10月 – 12月
  • 制作局:関西テレビ
  • 原作:なし
  • 脚本:尾崎将也 (『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』ほか)
  • 主題歌:持田香織「まだスイミー」

キャスト

・桑野信介 …… 阿部寛
・戸波早紀 (信介の隣人) …… 深川麻衣

吉山法律事務所
・吉山まどか (弁護士) …… 吉田羊
・山下香織 (アシスタント) …… 小野寺ずる

桑野・村上建築設計事務所
・村上英治 (共同経営者) …… 塚本高史
・横田詩織 (アシスタント) …… 奈緒
・丸山裕太 (アシスタント) …… 荒井敦史
・沢村映子 (経理)  …… 阿南敦子

仕事仲間
・森山桜子 (住宅プロデュース会社) …… 咲妃みゆ
・大工の棟梁 …… 不破万作

カフェ「BROWN CLOVER」
・岡野有希江 (雇われ店長) …… 稲森いずみ
・太田留美 (店員)  …… 美音

信介の家族
・桑野育代 (母) …… 草笛光子
・中川良雄 (義弟・友人) …… 尾美としのり
・中川圭子 (妹) …… 三浦理恵子
・中川ゆみ (姪) …… 平祐奈

スポンサーリンク

1話の感想

相変わらず一人が好き

冒頭、少子高齢化のテロップが入ったことに笑ってしまいました。(笑い事ではない)

かつては、偏屈男・桑野信介の個人的な結婚観だったものが、今の時代でいうと少子高齢化問題のど真ん中にあるという、そんな時の流れを感じさせました。

コンビニ店員が外国人になってたりね。

とはいえ、時代がどんなに流れようともブレない桑野さんは、これから家を建てようっていう新婚カップルに「結婚後もプライベートを守れる空間」をプロデュースしようとする。

個人的には大賛成だけど (鍵はいらん)、相変わらずの露骨な 結婚ネガティブ発言 がおもしろいし、妙なこだわりも嬉しい。

地鎮祭の道具を通販で買って練習してたって、なに!

しかし桑野さん自身は変わっていないけれども、仕事面では着実にステップアップしている様子も伺えました。

テレビのインタビューや、シンポジウムでの講演。クライアントからも「有名な建築家」だと紹介されてましたし。

英治くんとの二大看板を掲げて、仕事は順調のようですね。

英治くんが大人になってたのも胸アツ!

新たな恋のお相手は吉田羊か稲森いずみか

「桑野・村上建築設計事務所」には、2人のアシスタントと経理の女性も増えていました。

アシスタントのひとりが、怪演が話題となる奈緒さん。

普通の女性を演じているのが、どこか物足りなく感じてしまうというね。

今作では吉田羊さんと稲森いずみさんがメインの女性キャストとして登場です。

前作の夏川結衣さんとのそれを思わせる、吉田羊さんと阿部寛さんのテンポの良い会話がさっそくハマりましたね。

意外だったのは、稲森いずみさん。

このところ、仕事のできる強い女性という役をよく見ていたせいか、こんなに物腰の柔らかく気弱な役がとても新鮮です。

バリキャリのまどかさんと、女性らしい有希江さん。早くも桑野さんは、有希江さんに惹かれているようですが、どうなっていくのでしょうか。

夏美さん、結婚しちゃったみたいだけど、出てこないのかなぁ…。

前シリーズの「結婚できない男」感想はこちら

『また結婚できない男』の見逃し動画配信

『まだ結婚できない男』はFODで配信しています。

が!なんと レンタル対象商品 でした。

つまり、月額888円のFODプレミアム会員でもポイントを使ってレンタルしなければいけないということ。

なんてこった!

今のところ、見る方法としては以下の3点。

  1. FODで1話300ポイント、もしくは全話1500ポイントで購入する
  2. カンテレドーガ」で無料視聴 (ただし配信は2019/10/15 20:00まで)
  3. TVer」で無料視聴 (ただし配信は2019/10/15 20:00まで)

FODの新ドラマをプレミアム視聴できる・できないの基準がわかりませんが、がっかりです…

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「まだ結婚できない男」をFODで視聴する

コメント