まんぷく 22話|危険な発明家。怒られても絶対に謝らない萬平さん。

まんぷく
スポンサーリンク

今日も萬平さんがかわいかった。

今日のまんぷくも平和で、かわいい萬平さんをひたすら堪能する回でした。鈴さんとの仲も良い方向に向かいそうな気配です。

スポンサーリンク

22話のあらすじ

疎開から1ヶ月。生活にも少しずつ慣れ、ご近所に助けられながら日々をおくっている3人。

鈴(松坂慶子)の、萬平(長谷川博己)への態度にも変化がおとずれます。

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

1,430円(11/29 12:15時点)
発売日: 2018/09/28
Amazonの情報を掲載しています

家長は萬平さんです!

家事にいそしむ福ちゃんと鈴さんの様子がこなれてきて、疎開から1ヶ月という時の流れを感じさせます。

そんな2人に対し、所在なさげな萬平さんが「何か手伝おうか」と声をかけますが、女性陣は口をそろえて「のんびりしてて」というばかり。

福ちゃんは萬平さんの体を心配してのことだけど、鈴さんのほうは「早く回復して子どもを作りなさい」とそっちかよ。

萬平さんはうんざりして散歩にでかけてしまいます。その背中を見送りながら「どうして家長の言うことが聞けないの?」と鈴さんは不満顔。

え、鈴さん、家長なの?(笑)

全国の視聴者からのツッコミがはいったところで、福ちゃんも「家長は萬平さんですぅ!」と抵抗しますが、鈴さんは「私が家長」と譲りません。

ほんとパワフルなおかーちゃんだなぁ。福ちゃんの言い方がかわいいので、良しとします。

子どもたちと触れ合う萬平さん

散歩中の萬平さん、穏やかな笑顔で森をあるく姿がかわいくて癒されます。虫なんか捕まえちゃって、平和そのもの。

ここで上戸彩に出会ったらもうドロドロまっしぐら(昼顔)ですが、幸いにも出会ったのは上戸彩ではなく子どもたちでした。

タモをもって川で魚をおう子どもたち「おっちゃん誰?」と、我らが萬平さんを”おっちゃん”呼ばわりするのも新鮮で良いです。

大阪から疎開してきたと自己紹介をして、子どもたちのイワナ獲りに参加する萬平さん。

仕事もない、家事もさせてもらえない、そんな中で ”やるべきことをみつけた!” という喜びに満ちた表情で、イワナを真面目に追っています。

遊んでません、子どもの世話もしてません。まじですから。

みんなで仲良くするのが一番

ひたすらタモで魚をおいかけましたが、とれたのはたった一匹。「これじゃ効率がわるい。ワナをつくらなければ」と、発明家スイッチがはいります。

子どもたちに「明日もここにくるように」と、いつの間にか、親分のようになってる萬平さんがおもしろいし、散歩に出る前とはうって変わった生き生きとした表情がうまい。

そんな萬平さんをみて嬉しそうな福ちゃんに対し、「あなたの旦那さまは少しもじっとしてられないのねぇ」とまたしても不満をもらす鈴さん。

そしてまた「元気になったんなら孫の顔をみせて」とおきまりのセリフです。

このくだり、さすがに嫌になってきたな。

さらに「また赤紙がくるかもしれないわよ」とか不吉なことをいってくる。福ちゃんだってその不安はずっとあるだろうし、それをわざわざ口にするのはやめたげて。

お母さんが萬平さんのことを気に入ってないのは知ってるけど、私にとっては大事な旦那さまです。萬平さんの代わりになる人はいないの。

萬平さんかて精一杯お母さんに気遣ってくれてるんやから、お母さんももっとやさしくしてください。

福ちゃんはいつもより強くはっきいりと鈴さんに嘆願する。えらいなぁ。

そうかと思えば、優しい口調になって「みんなで仲良くするのが一番よ。そうでしょ」という福ちゃん。このお母さんに育てられてこんなにも平和に育つってどういうことだろう。

親がしっかりしてないほうが、子どもはうまく育つのかもね。

発明家、電気ショック漁をする

萬平さんは、昨日(21話)つかった電線の残りを利用して、電気ショック漁を試みます。

またしても電柱にのぼり、からめた電線を川にひたして電流が流れると、イワナはプカプカ浮いてきました。

大漁をよろこぶ萬平さんと子どもたちでしたが、「危険すぎ」「また電気盗んでる」とtwitterは命知らずの無邪気な発明家へのコメントであふれます(笑)

子どもたちに「絶対に触るな」っていったけど、ほんとこわいわ。萬平さん、夢中になるとあと先かんがえないタイプってことがわかりました。

スポンサーリンク

萬平と鈴の距離がちぢまる?

大量のイワナを持って帰ってきた萬平さんに、またしても鈴さんは不満そう。

なにがなんでも嫌なんだね。

多すぎて干物にするしかなく、処理が大変という理由だそう。仏のような福ちゃんは「お魚屋さんになった気分、楽しい〜」とまた笑顔です。ほんといい嫁。

しかしながら獲れたてのお魚は相当おいしいようで「川魚好きやない」と悪態ついてた鈴さんも「おいしい〜」と幸せそうな笑顔。

萬平「塩もいいけど醤油かけると絶品ですよ、お母さん!」
鈴 「お醤油、ちょうだい〜」
萬平「はい」
鈴 「お味噌も会うわよ〜、萬平さん」

って急に仲良くなってるし、福ちゃんの言葉がきいたかな。ふたりが仲良しなの嬉しい。

発明家、怒られる

しかしながら、そこへ役場から2人の男性がやってきて、電気ショック漁をとがめられます。

  • 子どもたちが感電したらどうするんだ
  • 電柱から電気をひくのは違法

ごもっともな理由に、平謝りの福ちゃんと鈴さんですが、当の本人は「僕は謝らない!謝る理由がない!」と拒否ですわ。

効率がいいやり方をしただけだ、という言い分みたいね。

萬平さん、頑固で融通きかない性格が明るみになる。

その頑固さんは今後にいかされるのでしょうが、優しいだけの男じゃないんですね。

そんな萬平さんに変わって、頭を下げてくれた鈴さんがありがたかったです。(最後、ちょっとひるがえったけどね)

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

1,430円(11/29 12:15時点)
発売日: 2018/09/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント