まんぷく 29話|ハンコひとつで泣かされる朝と、珍しく要潤が2枚目であること

まんぷく
スポンサーリンク

27話からはじまった「ハンコ屋」が、まさかの感動の終着点をむかえる。

まんぷくは、すべてに意味がある。

スポンサーリンク

29話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

ハンコ作りで忙しい萬平(長谷川博己)たちを、手伝いたいという神部(瀬戸康史)。大阪帝大出身であること明かし、子どもたちの家庭教師をかってでる。

忠彦(要潤)は、神部を香田家に住まわせることに決めた。

その忠彦は、絵が描けなくなっていた。戦地での銃撃戦、近くで爆発した敵の焼夷弾に目をやられ、色がわからなくなったのだという。

闇市に出かけた福子(安藤サクラ)と萬平は、落ちぶれた姿の加地谷(片岡愛之助)をみつけ、詰めよる。

加地谷は謝罪し、萬平に劣等感を抱えていたことを明かした。そして「俺はもう日陰で生きて行く。生きて行く意味がわからない」と語る。

怒りがおさまらない福子だったが、萬平は静かに「もういい」と諭した。

使いをたのまれ、加地谷に会いにいった神部は「あきらめないでどうか生き抜いてください。あなたの人生の主役はあなたなんですから」と萬平からの言伝をつたえる。

手渡した小さな封筒には、萬平がつくったハンコがはいっていた。

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

NHK連続テレビ小説 まんぷく 上

1,430円(11/24 03:45時点)
発売日: 2018/09/28
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

29話の感想

ハンコガァァ、ハンコガァァァァ!

私の人生に、これほどハンコに泣かされる日がくるとは思ってもみなかった。

生きるためにはじめたハンコ屋家業が、加地谷に生きる力を与える。

自分はすでに死んだ、日陰で生きるといった加地谷に、萬平を羨んで転落した加地谷に、自分の人生を生きろと想いを伝える。主役は君だの「加地谷」印。

ハンコ、すごい。

神部、まさかの高学歴

今日もかわいい神部くんが、まさかの高学歴という事実に 学歴コンプレックスの 私はやられました。

頭いいの、かっこいい。(乏語彙力)

神部を家に住まわせようと、キャナメさんが言ったのも「家長」然としていてよかった。

さすがに「家長は私ですぅ」と鈴さんもイキらない(22話

キャナメ忠彦さんの存在感とかっこよさが、戦後パワーアップしてみえる。

元来の”ボケ体質”から、”イケメンなのに3枚目”という役が定着しつつあったけれど(それも好き)、彼はいうまでもなくイケメン。

「仮面ライダーは若手俳優の登竜門」といわれる礎(いしずえ)を作ったようなひとり。『仮面ライダーアギト』G3なのだ。イケメン俳優なのだ。

なのに忠彦さん的な役をむしろ新鮮に感じて「やっぱかっこいい」と見惚れるシーンの多いことよ。庭にいた忠彦さんが居間にいるだけで、パワーアップする。

やっぱり加地谷は許せない

萬平さんは「もういい」と言ったけど、沸々とこみあげる福ちゃんの気持ちはよくわかる。

やっぱり許せない、憲兵からの拷問は尋常じゃなかった。

聞き書き ある憲兵の記録』などの本には、憲兵の拷問がいかに非道だったかが記録されているし、戦後は戦犯として処分されたり、報復されたりしていた。

そんな状況に置かれてた萬平さんを想うと、

「自分でもなんで君を悪者にしようとしてたんかわからへん。君の才能がうらやましかった」

という加地谷の言葉は「は?何言っちゃってんの?」だし、泥棒にはいった神部に、克子姉ちゃんが放った「同情の余地なし!」はここでこそ発動すべき(28話)。

それにしても、戦争が終わると<憲兵がいなくなり>、それによって<憲兵に追われてた罪も消える>のかと、そんなことも初めて知りました。

僕にはわかりませんけど

萬平からの伝言を加地谷につたえた神部が「僕にはなんのことかわかりませんけど」と言ったのもよかった。

萬平さんが詳しい事情を伝えていないことも良いし、夫婦の会話と言伝から少なからず何かを察したであろう神部が「なんのことかわかりません」といったのも良かった。

神部の存在が、物語の魅力に貢献しています。

「なんのために出てきたの?」と視聴者が戸惑うようなキャラクターが、投入されていないのが嬉しい。

コメント