まんぷく 31話|泉大津編。神部の忠犬っぷりが増したのかわいすぎる。

まんぷく
スポンサーリンク
スポンサーリンク

31話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

萬平(長谷川博己)たちは忠彦(要潤)の家をでて、泉大津に引っ越した。

かつて軍事施設だったその家は1階が作業場、2階が住居という造りで、鈴(松坂慶子)は階段の昇り降りに不満そう。海が近いと喜ぶ福子(安藤サクラ)に「洗濯物がしょっぱっくなる」と文句をいう。

福子は、泉大津に嫁いだ親友・ハナ(呉城久美)とも久しぶりの再会を喜んだ。

作業場には巨大な鉄板が80枚以上残されており、萬平はそれを利用して何か作れないかと頭をひねるが、なかなか良案は浮かばない。

萬平、福子、鈴、そして神部(瀬戸康史)は近くのラーメン屋に出向く。少し味が薄いと指摘する鈴に「配給の塩がなかなか手に入らない」と店主(阿南健治)は説明する。

萬平は「鉄板で塩をつくれないか」と閃く。塩といえば赤穂(あこう)。萬平は塩づくりの勉強をするため、神部と共に赤穂に向かうことを決めた。

スポンサーリンク

31話の感想

第4週は疎開先・上郡での生活、第5週は大阪の香田家(克子姉ちゃんち)、そして第6週は泉大津。

毎週、舞台がかわってとても楽しい。

そして萬平さんたちが移動しても、忠彦さんたちの生活をみせてくれるのも嬉しい。

泉大津だけどロケ地は淡路島

新天地となったのは、大阪市から南におりた<泉大津市>です。大阪の南の方っていってたけど、どこだろう。


岸和田市と近いですね。岸和田といえば『カーネーション』の小原糸子です。

ドラマの中で交わることはないだろうけど、気になったので調べてみました!

  • 立花萬平:明治43年3月生まれ
  • 立花福子:大正9年8月生まれ
  • 小原糸子:大正2年6月生まれ

おぉ!まさに同じ時代を生きています!熱い時代。

ちなみに萬平さんと福ちゃんの生年月日は、こちらのツイートを参考にさせて頂きました。

戦争中、万が一のときに身元を特定するためでしょうか。悲しい。

ちなみに、泉大津に引っ越しましたが、ロケ地は淡路島〜。

オープニングでもおなじみの南あわじ市にある吹上浜です。

もしや子作り解禁ですか?

こんな素敵な場所に越してきたというのに、鈴さんは不満たらたら。でも大丈夫、これが正常運転なんで。

福ちゃんが「あのまま克子姉ちゃんの家にいれば、孫たちに囲まれて楽しく暮らせたのに」とたしなめると、「あなたたちが子供を作ってくれればいいの」って、そうくるか。

まぁいつものお約束ですな、と思ったらどうやら今回の福ちゃんはそうでもないみたい。

美しい夜の海をみながら、萬平さんの手を握り「お母さん孫が欲しいんですって」とまさかの福ちゃんからのアピール。

萬平さんも「そうだな、ここなら子供ものびのび育ちそうだ」と応じる構えに。

そうきたか!

『ゲゲゲの女房』は、手もつないでなさそうな2人にいきなり子どもができてびっくりしたけど、まんぷくは、視聴者にも妊活宣言をしてくれるようです。

子どもが生まれれば鈴さんも黙る…?いやいや、あのタイプは「2人目まだ?」に転じる可能性大だわ。

神部くんがかわいすぎて

今日はなんといっても神部茂がかわいすぎました。

  1. 釣竿発見で「わーい!」と海に
  2. 魚発見で「入れ食いだ!」と大喜び
  3. ちっちゃい魚1匹しか釣れずしょんぼり
  4. ラーメン屋での「大奥様・旦那様・奥様」呼び
  5. おいしくて「わーい!」と喜び
  6. 味の議論に「全然わからへん」と参加できず

しかも「3」のしょんぼりは、萬平さんが鉄板に夢中なので、時差で2度しょんぼりするというサービス。

神部くん、”がっかり”じゃなく”しょんぼり”よね。かわいい。

ラーメン屋で唐突に大奥様とか言い出したのはなぜ?おもしろすぎる。

明日から萬平さんとともに塩づくりの勉強をはじめるみたいだけど、どんなズッコケをみせてくれるのか。

それとも大阪帝大卒の秀才っぷりが発揮される展開になるか。いずれにせよ、楽しめそう。

「やらなきゃ意味ないよ」

ちらりと見せてくれた忠彦さんたちもとても良かった。

忠彦さんの絵をみた克子姉ちゃんが「今までの絵も好きやったけど、今のあなたの絵も素敵」っていったの、良かったなぁ、素敵だったなぁ。

忠彦さんの才能もすべてを愛してるって感じがして良い。

福ちゃんもよく「萬平さんは世の中の役に立つ、みんなを喜ばすようななにかを作れる人です」と全幅の信頼を込めていうけど、それを敢えて口にしないのが克子姉ちゃん。

福ちゃんみたく何回も言われると、某大ラグビー部元監督の「やらなきゃ意味ないよ」に聞こえてくるのは、私だけ?

忠彦さんが娘のタカちゃんに、自分のことを「僕」っていうのもかっこよかったね。

 

さてさて、ハンコ作りの次は塩づくりがスタートです。

覚醒した萬平さんが別人のようでおもしろいですが、発明王の変人っぷりにも乞うご期待ですね。

コメント