まんぷく 32話|福子の「お母さんまだ着物あるでしょ」が怖いよ。

まんぷく
スポンサーリンク
スポンサーリンク

32話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

塩づくりを学ぶため、赤穂(あこう)に向かう萬平(長谷川博己)と神部(瀬戸康史)。

入浜式塩田(いりはましきえんでん)を見学し、製造工程の説明をうけながら必死にメモをとる神部は、鹹水(かんすい)・煎熬(せんごう)の漢字が気になる。

福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)は、着物と食べものの物々交換に近所をまわっていた。物乞いのようで嫌だと鈴は嘆くが福子は気にしない。

赤穂から戻った萬平は、夕飯も食べずに道具作りにとりかかり、翌日から塩づくりがはじまった。

海からくんできた海水を、太陽光で熱した鉄板に何度もながし濃度を高め鹹水をつくる。火にかけ煮詰め(煎熬)塩を精製し、最後に苦汁(にがり)をこして完成させた。

はじめて作った塩によろこぶ萬平・福子・神部だった。(鈴はやっぱり不満そう)

スポンサーリンク

32話の感想

塩気の薄いラーメンを食べたことから、アイデアが浮かんだ萬平さん(31話)。

いよいよ塩づくりがはじまりました。

着実に”ラーメン”に向けて動いていると思っていいんでしょうか。

鈴さんの「行き当たりばったり」という指摘が、当たらずとも遠からずに感じて心配です。

鈴さんがかわいそうになってきた

<塩づくり>という目標ができた男性陣は意気揚々としてとてもいいんですが、女性たちは相変わらず。

着物を売って食べ物を得るという、疎開先の上郡からはじまったその流れは、大阪でもつづき、そして泉大津でも。

  • 空襲で全焼したのに着物どんだけ持ってんだ!
  • 疎開先→克子の家→泉大津と、着物を持って移動してるの?

そんな疑問も生まれますが、ここでは置いておきます。

だんだん鈴さんがかわいそうになってきたので。

ちぃと、鈴さんの着物に甘えすぎではないかい?

昨日の感想(31話)でも書いたけれど、福ちゃんの押しの強さが怖いときある。

「萬平さんなら大丈夫!」も繰り返すと「やらなきゃ意味ないよ」に聞こえてくるし、鈴さんへの「お母さん、まだ着物あるでしょ」も同じ。

屈託のない笑顔で、人を動かすことばかりで自分はどうなの?と少々不満です、私。

福ちゃんの今後はどうなのか。

鈴さんも言ってたけど「行き当たりばったり」にみえるってのも確かにそう。

塩を作ったあとはどうするんだろうか。

理創工作社時代は、マネジメントはすべて加地谷さんがやってくれてたから、萬平さんは発明に専念していられたけど、これからどうするんだろう。

福ちゃんに今のところ、その片鱗が見られないのが残念だなぁ。

「どんなときでも夫を信じる!」というのがコンセプトだとしても、もう少し福ちゃんにも見せ場をつくってほしい。二人三脚っぷりみたい。

ただ”夫を信じて夫を支える”なんてのは今の時代にハマらないと思う。

支えてるようにみせかけて、しっかり自分を生き方をもった女性。その強さがみたいの。マッサンのエリーのような。

憲兵につれていかれた萬平さんを救うため、三田村会長に交渉した福ちゃんはとても賢かった。

英語堪能っていう設定や、持ち前の明るさやポジティブさもとても魅力的な福ちゃんなので、これからその特徴が生かされる展開を期待しています。

コメント