まんぷく52話|経営に不向きでも、萬平が社長でなければダメな理由に感動

まんぷく
スポンサーリンク

今日はすっっっごくいい回だった

感動しすぎて胸いたい。

福ちゃんがもっと動いて〜!!って思ってたけど、福ちゃんが前に出過ぎない理由もちゃんと納得のいく形でみせてくれて、これまでのモヤモヤが一気に解消される回

いやぁ、素晴らしい。感動した!!

スポンサーリンク

52話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

萬平 (長谷川博己) の提案により、塩づくり組もダネイホン開発に参加することになった。結束を固めるという萬平の意図に反し、負担が増えた塩づくり組の不満はつのるばかり。

真一 (大谷亮平) がやってきた。真一の手土産のスモモを、萬平はダネイホンの材料につかってしまう。福子 (安藤サクラ) が謝罪するが、真一は笑顔だった。

塩づくりを見学する真一は、塩づくり組の不平を耳にし、福子に「萬平は社員の気持ちを理解しているのか」と問う。発明家の萬平ではなく、福子がもっと前に出た方がいいと助言する。

しかし塩軍団の気持ちを想う福子は、その役目が自分ではないことを真一に伝える。

塩づくり組とダネイホン組の対立はまだつづいていた。見かねた福子は、萬平に「みんなあなたを尊敬し、みんな萬平さんと一緒に仕事がしたい」のだと告げる。

萬平は塩づくり組にこれまでのことを謝罪し、組を分けることなく全員で塩づくりとダネイホン開発を手がけていくことを伝えた。

スポンサーリンク

52話の感想

福ちゃんが、これほどまでに塩軍団の気持ちを理解していたことにジーーン (T . T)

「みんなあなたを尊敬してるの、あなたに助けられたと思っているんです」

ここ、何回きいても泣ける。

ーーーあなたに助けられた。

ドヤ顔で、明後日の方向に暴走してしまった昨日 (51話) の萬平さん。

それでも誰も反論しなくて、「ガンバロー!」と張り切る ”ドヤ社長” の拳に合わせて、弱々しくも唱和する塩軍団は可笑しくて笑ったけど、それだけじゃなかったのね。

あんなに素っ頓狂な提案でも「誰も萬平さんを責めない」ことの本質を福ちゃんはしっかり見抜いてたのか。みんな「萬平さんと仕事がしたい」とは、なんとも泣かせる展開。

普通、真一さんのように「発明家の萬平には社長は無理。福子がやるべき」と思うのが自然な流れで、私もそう思ってた。いつまでも出てこない福ちゃんに、イラついてさえいたし。

だけど今日はそんな鬱憤が全部きれいに解消される日だったなぁ。

真一さんの言葉に「 (まとめるのは) 私じゃない」といった福ちゃんは、塩軍団がなぜ働くのかという真実をついていて、なるほど福ちゃんじゃないわ、と納得だった。

萬平さんが人の気持ちに鈍感だったりするのは、これまででよくわかってたことで、だから今回福ちゃんはその苦手を補ったのよね。

咲姉ちゃんがいってた「お互いの悪いところは補い合う」というのがここで生きてきて、あぁと思った。萬平さんだけじゃ、塩軍団の想いにはたどり着けなかったわ。

真一さんの素晴らしさ

とんでもなく仏な真一さんの登場で、物語は大きく好転しました。

  1. 鈴の子ども云々不快発言を笑顔でスルー
  2. 手土産を萬平の研究材料にされても笑顔
  3. 半日程度でタチバナ塩業の問題を察知
  4. 福子に助言するが、とても優しい

鈴さんの「咲と真一さんの子どももみたかったわぁ」という超ド級の無デリカシー発言に瀕死になったけど、それでも真一さん笑顔だし… いい人すぎるやろ。泣

(鈴さん大好きなので、あんまりひどいこと言わせないでー。笑える程度にお願いします)

鈴さんにプンスカしてたら、萬平さんがスモモをダネイホンにぶち込んでて、ヒーーー!!

義兄よ、義兄がもってきたものをよ。みんなに食べて欲しいと持ってきた、あんなに美味しそうなものを…… 萬平、ゆるすまじ。

なのに「役に立つのならうれしいよ」って、優しすぎよ。実母と夫の度重なる失礼に、福ちゃんも頭痛いよね、つかれるわぁぁ〜〜この2人。

役者の無駄遣いは、致しません

それにしても、あんなに早い段階 (11話) で咲姉ちゃんが亡くなって、その夫である真一さんは、よくあるお話だとそこでフェイドアウトしていくもの。

それがこんなにも見せ場があって、その登場に視聴者が歓喜して。つくづく素敵なドラマ。

塩軍団も、はじめ14人連れてきたときは「中尾明慶とその他大勢」になるかと思ったら、そんなことはまったくなく、みんなが命を吹き込まれていて感動するわ。

今でていない彼らも、このあと戻ってくるとかこないとか。楽しみに待ってよ。

自分のなすべきことをみつけた福ちゃん

萬平さんに問題ありなことは気づきつつも、自分が前に出るのは違うと感じていた福ちゃん。

だけど真一さんが半日程度で、その問題に気づいてしまい、ようやく動きだしました。

前には出ず、萬平さんの苦手を補っていくというスタンス。自分のやるべきことに気づいた福ちゃん、今度の展開がますます楽しみです。

コメント