まんぷく57話|これぞ世良!僕を潰せば世界の損失!ロストワールドや!

まんぷく
スポンサーリンク

世良さんが捕まってくれて、よかったーー!!!

さすがの世良さんも、進駐軍を前にしたら言いたいことも言えないんじゃ……と心配していましたが… ポイズン…

He talks a lot… (byビンガム曹長)

最高かよ。MPの質問にはいちいち食い気味だし、記録係も腱鞘炎になりそうなほどよく喋るカツオ・セラ。彼の登場で雑居房も明るくなったわ。

ただし今回は、真一さんがいるから独壇場にはならないという、おまけつきで楽しい。

スポンサーリンク

57話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

萬平 (長谷川博己) に倉庫を仲介した世良 (桐谷健太) も、進駐軍に逮捕された。取り調べでは否認を繰り返すも一切聞き入れられず、世良も萬平らとともに雑居房に拘留される。

萬平は、反逆罪を追求するビンガム曹長 (メイナード・プラント) に対し「あなたたちと再び喧嘩 (戦争) をしている暇はない!」と、困窮する人々への想いを口にする。

社員がいなくなったタチバナ塩業で、福子 (安藤サクラ) は、鈴 (松坂慶子) や、手伝いにきてくれた克子 (松下奈緒)忠彦 (要潤) らと、ダネイホンや塩の発注に追われていた。

そんな中、高木 (中村大輝)堺 (関健介 )野村 (南川泰規) の3人が、進駐軍とともに戻ってきた。彼らが主張する、手榴弾による漁を検証したが、魚は浮いてこなかった。

証言は嘘だったと断定するビンガムに、福子は「あなたたちに投げようなど、夫は絶対にそなことはしない!」と詰め寄り、その強い言葉がビンガムの心に突き刺さる。

スポンサーリンク

57話の感想

まんぷく、まんぷく。笑って、泣いて、楽しいまんぷく。

会社を早退してきた夫が、月・火・水とまとめ見して、遅ればせながら「キミはなにがしたいんだ」に爆笑してました。

だけど、萬平さんは一貫して「人の役に立ちたい」っていうのがあるから、話がしっちゃかめっちゃかしないんだよねぇなどと、夫婦でまんぷくトーク。

そしてそんな風に「一貫した」男がここにもうひとり。

俺をつぶせばロストワールド

ロストワールド世良。ほんと好き。

彼の自己肯定感の高さは、いかにして培われてきたものなのか。世良さんのご両親には、是非、子育て本でも書いてご教授いただきたいです。 (本気)

三田村会長、萬平さんなど、その手法は違いながらも「自分のために利用しよう」とするバイタリティ。恐れ入ります。

彼はいつだって世界の中心にいて、世界を動かしとるんや。世良 イズ エブリシング!パーフェクトワールド。

仏の真一さんの語気を荒立たせるヤツなんてそうそういないよ。世良劇場、楽しかった。

福ちゃんの英語が出たぞー!

笑ってるばっかりじゃなくて、泣かせる場面も押さえているのがまんぷくの優秀さ。

福ちゃんの絞り出すような英語のセリフに泣けました。

My husband never ever does anything like that!

日本語で「萬平さんは絶対にそんなことしません!!」と言うより強いメッセージを受け取ったのはなぜだろう。

これまで「英語が出ない」ということを印象付けていたところにもってきた、ここぞというセリフ。胸に刺さるものがありました。

あんなに出なかったのに「never ever」とかサラッと使っちゃう福ちゃんの英語力でもって、あの演技力。すごいわ。

安藤サクラの曽祖父が偉人

ちなみに安藤サクラさんは、姉で映画監督の安藤桃子さんの影響で、日常会話程度の英語は普通に話せるそうです。

「日常会話程度」って曖昧な……

姉の安藤桃子さんは、高校の時からイギリスに留学して、その後ニューヨークの大学に進んだりと、海外生活も長い。母の安藤和津さんも英語ペラペラなんだとか。

ってことは「日常会話ぐらいなら」という安藤サクラさんも、流暢だと思われます。なんてたって、ひいおじいちゃんが犬養毅よ。日本史の教科書に出るようなお家柄。

犬養毅の父は、郷士 (ごうし)。普段は農業、戦のときには軍事となる、武士でした。つまり、安藤サクラさんは ”武士の息子の息子の娘の娘” なのです。

リアル”ぶしむす”!

ビンガム曹長の奥さんは…

福ちゃんと会ったあと、ビンガム曹長に心の動きが感じられましたね。

デスクにあった二枚の写真。ひとつは奥さんと並んだものでしたが、もうひとつはベッドに座る奥さんのワンショットでした。病床にある雰囲気もします。

萬平&福子夫婦の絆がキーになってくるのかなぁと思ったけれど、妻を亡くした真一さんの可能性もあるな。

いずれにせよ、今後の展開が楽しみです。
 

\あわせて読みたい/

コメント