まんぷく62話|東京進出反対「大阪で出産しなさい」に、なんの話や?

まんぷく
スポンサーリンク

胡散臭くて調子に乗るところがあるけれど嫌いになれない、カツオセラ。

ぽかんとした顔からの「なんの話や」に心奪われました。いや、正確に言うとチャーリーへの「世話んなったな」でどハマりしてしまったんですが。

世良に夢中〜ぅ〜!今度こそ、裏切らないでぇ!

スポンサーリンク

62話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす
東京進出の手立てを世良 (桐谷健太) に相談する萬平 (長谷川博己) 。ダネイホンを東京で販売するためには味の改良が必須となった。

福子 (安藤サクラ) の提案により、ワカメを昆布に変更して試作品がつくられる。味に異論を唱えるものも数名いたが、概ね、昆布入りダネイホンに同意となった。

しかし鈴 (松坂慶子) は東京進出に難色を示す。東京は人情がなく怖いから福子は大阪で子どもを産むべきだ、と検討ちがいの提案をし、社員や世良を混乱させる。

そんな鈴の枕元に咲 (内田有紀) がやってきた。忠彦が描いた鈴の肖像画をみながら「観音様はみなを導く人でないと」とアドバイスすると、突如、鈴は東京進出に肯定的になる。

翌朝さっそく萬平に「あなたは武士の娘の娘の婿なのだから、絶対勝ちなさい!」と東京進出を後押しした。

スポンサーリンク

62話の感想

「早く子どもを」の催促から解放されたと思ったら、すぐにはじまる「そろそろ2人目」口撃。ほんとこれあるある。

これが現代なら、男子の子どもを続けて産もうもんなら「次は女の子を」と3人目の催促もはじまったりするよね。(体験談)

鈴さんは、安定の催促母。義母じゃないだけまだマシだけど、それにしてもあんな若人たちを前にして「子どもをつくる」とはいかがなものか。

萬平さん、照れてる場合じゃないよ!笑

あーそうだった、鈴さんは萬平夫婦と同じ部屋で寝起きしておきながら「早く子どもを」っていえちゃう、ある意味、その辺オープンなんだったわ。

まったくー。もう慣れたけどさぁ。

福ちゃんの「えぇー!」と、世良さんの「なんの話や」に救われたね。

結局、東京に行くの?

さてさて、ダネイホンも本日いろいろ話がうごいていて混乱しますね。

その1、ダネイホンの材料をワカメから昆布に変更

これで味が良くなったという意見が8割方でてましたが、いやぁ想像してもまったく美味しそうじゃないぜぃ。パンに塗るのに昆布て。

昆布のことなら富山県民に聞くのが一番。富山県は昆布の消費量が高く、県出身の柴田理恵さんは「昆布パン」を考案しました。

私、食べたことあるんですけどね。(あ、昆布……)って感じの味でした。

ただ「昆布パン大好き!」と好評意見が多数あるのも確かで、ダネイホンと同じく全員が全員受け入れるなんてことはまずあり得ないってことですね。

昆布ダネイホン「味の違いがわからない」という倉永くんが好印象でした。料理人・赤津には、理解不能なバカ舌っぷりが可笑しいです。

その2、東京進出決定

ダネイホンを東京でも販売を展開することはわかったけど、なに?これは拠点を東京にうつすってことなんですかね。

鈴さんが「大阪で子どもを産め」っていうのはそういうことなんでしょうか。

仮に、東京に移動することを考えると、森本さんの「クビになる」という言葉が脳裏をかすめますが、いやいや、まさかまんぷくでそんな恐ろしい展開にはしないでしょう。

販路を開拓する世良チームと、ダネイホンの製造チームで、東京組と大阪組に分かれるとかなんとかよね、きっと。

それにしても、塩屋の廃業、社名変更、東京進出、材料変更とこの2日間でかなり動いています。今週はムービングウィークなのか。

先週の進駐軍編は時間をかけていたけれど見応えあった。お話の緩急というとこで、今週はもろもろ動きだすのでしょうか。

小松原くんもとうとう蝶ネクタイはずしちゃったしねー。

コメント