まんぷく69話|神部とタカは幸せそうだけど、萬平の試練はまだまだ続く…

まんぷく
スポンサーリンク

骨のヒビを気合いで治したとか、子どもでもわかるような嘘をかましながらも、東京土産をもってくる世良が好き。

雷おこし買ってるところを想像すると楽しくなるわぁ。

今さら誰も世良の所業にうろたえないってところが、ファミリー感があって良いですわ。

ファミリー感といえば、雷おこしにむらがる塩軍団はまるで兄弟のようで可愛かったです。鬱な展開だけど、こういうほっこり要素を入れてくれるのがほんと救い。

スポンサーリンク

69話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

東京の子会社とダネイホンの販売権は、東先生 (菅田将暉) が交渉し続けていた豊村商会に譲渡され、7万円の罰金もすべて支払うことができた。

豊村商会はダネイホンの価値を理解しており「萬平印のダネイホン」という商品名をそのまま引き継いでいくという。世間での悪印象を懸念する萬平 (長谷川博己) に、東は「ダネイホンに救われた人々は、誰も奨学金を脱税だとは思っていない」という。

資産整理は完了したが、福子は引き続き萬平の釈放を東に依頼した。法律事務所の尾崎多江 (渡辺真起子) は「いつもの先生らしくない」と不思議がる。

これまで気丈に振る舞っていた福子だったが、真一 (大谷亮平) の優しい言葉に思わず涙する。

大阪に戻る日、神部 (瀬戸康史)美代子 (藤本泉) と別れの挨拶を交わす。神部に想いを伝えられないまま美代子はそっと涙を流す。

泉大津に戻ってきた福子の元に、東京財務局からの電話で「追徴課税10万円」が宣告される。

スポンサーリンク

69話の感想

神部くんは結局、美代ちゃんとはなにもなく終わるんですね。

なんか…… うたがってごめんって感じです。

結局、美代ちゃんは、神部とタカちゃんカップルを視聴者およびラバーズたちに「わかった、もう神部がそこまで本気ならもう何もいわねぇよ」って言わせるために登場したんですね。

嗚呼、美代ちゃん…… グッジョブだったよ。

神部のゾッコンぶりがわかったところで、泉大津でのふたりのバカップルぶりもすんなり見られるっていう、もう脚本家の思う通りに私はうごいとるよ。

追徴課税10万って正当なの?

ようやっと7万円の罰金の支払いを終えたと思ったら、今度は追徴課税10万円って…… これもう破滅の道まっしぐらなんですが…… いいのこれ、大丈夫なの?

この時代は「研修費」っていう項目がなかったのだろうか。

学費だって彼らに渡したわけじゃなく、学校に直接支払ったんだろうし、給与とされる理由がまったく理解できません。

「申告ミスか、隠蔽の意図あったかによって税率が異なる」ということは、この法外な追徴課税は「悪意ある脱税」と見なされてるのよね。

授業料は2万2千円×5人分で11万円が申告漏れなのに、10万円もとられるってどう考えてもおかしい。

えぇ、それ以外にも納めなきゃいけないの…… これはちょっととんでもなくキツイ流れになってきました。

お金のことで朝からどんよりするのは実に気が重いです。

「ゲゲゲの女房」のときも貧乏生活がながくて、辛くなりましたが、今回はもう生活していくだけのレベルを超えています。

萬平印のダネイホンはどうなる

「萬平印のダネイホン」という名前はそのまま使用していく、という良き会社に、ダネイホン販売会社と販売権を売ってくれた東先生。

ダネイホンの恩恵をとても感じている様子で、その想いが伝わります。

だけどもうこのままだと泉大津の会社も売らなきゃいけないの。辛い。

そして私はパブロフの犬のごとく、安藤サクラが泣きにはいると、ぶわぁぁぁっと涙が出てしまうようになりました。

気丈にやってるとこに、あんな風に優しい言葉かけられたらあぁなるよね。分かる。

福ちゃんは前回の進駐軍編からずいぶん強くなって、塩軍団たちのおかーちゃんになってきてて「自分がしっかりしないと」と無理してたんだよねぇ。

真一さんがいてくれてほんと良かったなぁって思いました。

ただ少し欲をいえば、証券会社勤務のキャリアが少しでも生かされてくれるとなお良い。賢い人だろうに、この問題ではあまりそれが解放されていないよね。

福ちゃんがついていけないようなレベルで、東先生と真一さんのハイスペックな会話が繰り広げられる、みたいなとこも見たい!

コメント