ドラマ「ミス・シャーロック」3話|電気ショックで和都がピンチ!

ドラマ

Huluオリジナルドラマ「ミス・シャーロック」3話。

今回の謎解きは、シャーロック(竹内結子)の天才脳をあますことなくみせつけるお話でした。

『探偵ガリレオ』のように次々とあふれてくる化学式や元素記号。

意味わからないけど面白かった。

しかし、和都ちゃん(貫地谷しほり)が大変なことに……

ドラマ「ミス・シャーロック」の記事一覧

\2週間 無料体験/

「ミス・シャーロック」をHuluで視聴する

スポンサーリンク

3話のあらすじ(ネタバレ)

「モーソン製薬」の研究室主任・綿貫博士が、廃人状態で発見された。

シャーロックは、両手両足・側頭部の傷痕から「何者かに拘束され、脳内に高圧電流を流される拷問をうけた」と見立てる。

その数日前、シャーロックは「モーソン製薬」が絡む、もうひとつの事件の依頼を受けていた。

※ここからネタバレします

あらすじの続きを読む

灰谷玲子の依頼は、ヘッドハンター椎名亜里沙(紺野まひる)に渡した研究論文を取り戻すこと。

亜里沙からモーソン製薬への転職を持ちかけられたが、論文を渡したあと連絡がとれなくなってしまったという。

亜里沙の自宅をつきとめたシャーロックは、研究論文を依頼人の元に返すことができたのだが、その封筒に謎の21桁の数字をみつける


綿貫博士の事件を追ってモーソン製薬を訪れたシャーロックは、事件の少し前に亜里沙が”灰谷玲子”に成りすまし、特別研究員として働いていたことを知る。

綿貫博士は『恐怖を消す薬』を開発していた。戦争や虐待で負った、深い心の傷を消すために開発された薬だが、使い方を誤ると感情のない冷酷な人間を作り出せる。

亜里沙は『恐怖を消す薬』のデータを盗みだしていた。そして、パスワードを聞き出すために、綿貫博士を拷問したとシャーロックは推理する。

灰谷玲子の封筒に書かれた数字はパスワードの一部であり、まだすべては解かれていない。

亜里沙の妹・由麻(木南晴夏)は「いつかこんな日がくるんじゃないかと思っていた」という。亜里沙は父親から虐待を受けていた。その父は不審な死を遂げている。

亜里沙は、虐待を放置した社会そのものを恨んでいるのだと。


姉が帰ってきた形跡がある、と由麻に呼び出されたシャーロックは、窓に書かれた「adamas(アダマス)」という文字がパスワードの一部であると言明した。

シャーロックはすぐに暗号を解いたが、その会話は亜里沙に盗聴されていた。

しかしパスワードは多重ロックになっておりタイマーが作動してしまう。慌てた亜里沙はシャーロックを呼び出し、全ての解明を要求する。

由麻は和都を人質にとり、シャーロックがパスワードを間違えるたび、和都の体に高圧電流を流した。姉妹は共謀していたのだ。

シャーロックがすべてのロックを解除したかに思えたそのとき、データは消滅した。

パスワードにはトラップが仕掛けられており、ラストを間違えるとデータは消滅する。シャーロックはわざと間違ったパスワードを伝えていたのだった。

椎名亜里沙と由麻は逮捕され事件は解決したかに見えたが、由麻がノートに書き残した「マリスステラ」という言葉と、水野亜紀子がつながる。

スポンサーリンク

3話のゲスト

田中圭きたーーっ!と思ったら単なるダメンズでがっかり。一瞬で退場ですね…

そして綿貫博士の助手役に伊嵜充則くんも興奮。子役時代の伊嵜くんの天才ぶりったらなかった。大人になったなぁ。

  • 紺野まひる(椎名有里沙)
  • 木南晴夏(椎名由麻)
  • 菊池均也(綿貫博士)
  • 安藤聖(灰谷玲子…依頼人)
  • 伊嵜充則(真田…綿貫博士の助手)
  • 田中圭(米山俊夫…和都のバイト先のヒモ男)

3話の感想

「アダマスの意味を知っているか」

「ギリシャ語だ。意味は…何事にも屈しない。」

からの強烈な電気ショック。冒頭の菊池均也さんの廃人っぷりがすごかった。

よだれだらぁぁーってね。

和都が同じ目に合わされたときも菊池さんのそれが蘇ってきたし、あのつかみは重要。

悲惨な過去をもつ犯人への温情なし

今回の事件は、父親からの虐待をうけて育った由麻が、自分と同じように虐待をうけた子どもたちの痛みを取り除きたいという思いで犯行に及んだ。

こんな風に、犯人にも ”被害者” の側面がある場合、もっとやりきれない思いになるんだけど、由麻が凶暴すぎてあまり感情移入できなかったのは制作側の狙い?

電気ショックこわかった……。

第1話でもそうだったけど、我が子を目の前で殺された亜紀子が犯人で、なのにシャーロックはそんな亜紀子の痛みも意に介さない様子だった。

今回もそう。単純に事件解決という名の”謎解き”を楽しんでるようなところがあった。

シャーロックがそんなだから、人情的な部分は和都がひきうけてた1話と違って、今回は和都がひどい目に合うからそこもなかったし。

由麻側の心の痛みとか、姉の亜里沙が犯行に加担した理由とかはあまり見えなかったけど。

両親の離婚後、自分だけが母親の元で何不自由なく育ち、その一方で悲惨だった妹への罪悪感みたいなものかな。

第1の事件との関連も

由麻のノートに書かれた「マリスステラ」の文字をみて、シャーロックが第1話の犯人亜紀子とリンクする。裏になにかある。

黒幕っぽい人といえば、もうあの人しか見当たらないのだけどね。

動き出すのはもう少し先になるかしら。

 

\2週間 無料体験/

「ミス・シャーロック」をHuluで視聴する

コメント