ドラマ「凪のお暇」最終回ネタバレ感想|すべての登場人物が尊いわー!お暇の結末が秀逸

2010年代のドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『凪のお暇』最終回をみました。

めちゃくちゃ寂しいじゃん。終わっちゃった〜

最後まで良いドラマだった。凪はゴンさんとも慎二ともくっつかないだろうなぁとは思っていたけど、そんな予想通りの展開ですら、それぞれの流れが素晴らしい。

カラオケありがとーーー!!

ストーリーはもちろんのこと、キャラクターや様々な小ネタでも盛り上げてくれました。凪のお暇、大好きだ!

ドラマ「凪のお暇」の記事一覧

\登録月 無料体験/

「凪のお暇」をParaviで視聴する

スポンサーリンク

最終回のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

ゴン (中村倫也) に告白された凪 (黒木華) はどうすればよいか悩んでいた。バブルのママ (武田真治) は、そんな凪に「誰かと生きるのかひとりで生きるのか、この先を考えてもいい時期ね」と言葉をかける。

緑 (三田佳子) は、若い頃に家を飛び出して以来会っていなかった妹・志乃 (鷲尾真知子) を訪ねて、松山に向かっていた。老舗旅館の後継や結婚、すべてを押し付けてしまった妹に合わす顔がないと言っていた緑だったが、志乃はかつての姉の苦しみも理解していた。

エレガンスパレスを出て、志乃の住む松山に住むことを決めた緑に、凪が音頭をとり、住人たちはスナック『バブル』で送別会をひらく。盛り上がる宴の中で、凪は「アパート取り壊し」という重大な真実を知り、驚愕する。

続きを読む (ネタバレ)

退去の準備を進めるゴンは「連れていきたいところがある」と凪を誘う。そこは、ゴンの新たな住まいだった。合鍵を差し出し「おばあちゃんになった凪ちゃんの横で昼寝したい」とまっすぐな思いを口にするゴンだったが、これまでの感謝を伝えた凪はその申し出を断る。

凪の就職も決まった。龍子 (市川実日子) とのコインランドリー経営の夢を諦めきれなかった凪は、コインランドリーチェーンの会社を選んでいた。同じく龍子も、凪との夢を叶えるべく仕事を決めていたことを知る。

一方、慎二 (高橋一生) は、どうしたら凪の役に立てるのかと考えていた。慎二は凪をデートに誘い、思い出の水族館で二人は向かい合う。凪は、かつての自分は慎二との結婚を現状からの逃げ場としていたが、今は自分の足で歩き出すことができたと語る。

そんな凪の姿に、慎二はもう自分のすべきことは何もないと悟った。「お前は絶対に大丈夫」という慎二の言葉に「好きになってくれてありがとう」と答える凪。ふたりは別々の道を歩くことを決めたのだった。

しばしのお暇を終えた凪は、”ちょっとだけ楽しみになった未来” に向かって歩き出した。(完)

作品情報

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

コナリミサト
発売日: 2017/06/16
Amazonの情報を掲載しています

キャスト

・大島 凪 …… 黒木 華
・我聞 慎二 …… 高橋 一生
・安良城 ゴン …… 中村 倫也
・坂本 龍子 …… 市川 実日子
・スナック「バブル」のママ …… 武田 真治
・白石 みすず …… 吉田 羊
・吉永 緑 …… 三田 佳子
・大島 夕 …… 片平 なぎさ

スポンサーリンク

最終回の感想

カラオケ尊いわー。

緑さんの送別会。中村倫也の歌声に感激していたら、吉田羊さんも美声を披露し、市川実日子さんの貴重な歌声。ついに高橋一生もその歌唱力を披露。

うわーもうなにこの出血大サービス!!尊いわー、尊いわー!尊すぎるわー!!


からの、武田真治のフルート!「そっち吹くのかよ!」 (慎二)

フルコーラスで聴きたいよねぇ。

美味しい空気を与えられる人になる

空気を読みすぎて、挙句、過呼吸を起こして倒れた凪が、すべてをリセットして始まった ”お暇”。

空気を読んだり、読めなかったり、ぶち壊したり。あぁ 空気 っていっぱいあるなぁって毎話考えさせられました。

自分はどの登場人物に近いのかな、なんて思ってみたり。

でもそうだな『美味しい空気を与えられる』そんな人になりたい、そう思わせてくれた最終回で、見ていたこちらまで空気が美味しくなるような、そんな清々しいエンディングでしたね。

はじめはウィッシュリストに何ひとつ書けなかった凪が、自分を取り戻し、「自由に夢を描く」ことができるようになった。

ゴンとも慎二ともお別れで、とっても寂しいけど、未来に向かって歩き出した凪に大きな希望を抱かせる素敵なドラマでした。

終わっちゃって、本当に寂しいよ…。

ゴンと凪

ウルウルと潤んだ瞳で、まっすぐに告白してくれたゴンさん。

心、揺れるわぁ。

あの破壊力で断れる凪の強さよ。

メンヘラ製造機、クズ男。ゴンさんと凪のあれこれはドキドキしたけれど、恋を知ってからのゴンさんの切なさたるやなかった。

凪に触れることもできない、見つめ合うと素直におしゃべりできない。

恋なんてまったく分からなかった頃、十把一絡げに凪を抱きしめていたあのときの俺… あぁ切ないよ。

でもさ、ゴンさんと凪、感性もなにもかもとっても合うと思うのだけど。おじいちゃんとおばあちゃんになっても、公園でアウトドアクッキングしたりとか目に浮かぶんだけど。

ダメかい?

慎二と凪

と、ゴンさん推しかと思いきや、慎二をみると、あぁ慎二と凪… ってなっちゃうのが『凪のお暇』よね。

最後のデートの、慎二の楽しそうな笑顔をみたかい。空気読まなくなった凪と素直になった慎二の間に流れる空気がとても自然で、とっても良かったのだけど。

ダメかい?

同じような傷を抱えたふたりは、もしかしたらちょっと難しいところもあるかもしれない。だけど良き理解者で、頼りになるパートナーだと思うけど。

スマホの「もじゃもじゃブス」登録はなおしとけw

最後「好きになってくれてありがとう」と言った凪。これまでの凪なら「こんな私のことを」と付きそうなものだけど、もうそんなこと言わない。「お前は絶対に大丈夫」だね。

ドキドキしたり、笑ったり、切なかったり、胸が痛かったり、ほんといろんな感情をバランスよく味わわせてくれた『凪のお暇』。最後まで、新たな闇に迷い込んだ坂本さんで笑わせてもらいました。

私のお暇ロスはいましばらく続きそうです。

ドラマ「凪のお暇」に関する記事はこちら

「凪のお暇」見逃し配信

『凪のお暇』はParaviで全話一気に振り返りましょう。

Paravi は月額925円 (税抜) で、登録から30日間無料体験ができますよ。

\登録30日間 無料体験/

「凪のお暇」をParaviで視聴する

コメント