ドラマ「凪のお暇」9話ネタバレ感想|凪「お母さんが嫌い」やっと言えて慎二と号泣…

2010年代のドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『凪のお暇』第9話をみました。

家族って厄介。

ほんとね、その一言につきる。

坂本さんの「いい歳して親の顔色を気にして言いなりなんておかしい」っていう感覚は、マトモなお家に生まれ育った人なら当然そうなんだろうな。

だけど、あの泣き崩れた慎二と凪を見たかい。あんなに苦しめられた母親にすべてをぶつけてもなお「お母さんにひどいこと言った…」と苦しむ。子どものように泣く。

まさにアダルトチルドレン。母親からの愛情が欲しかった、そんな子どもの頃の思いが胸の底でずっとくすぶってるのよ。嫌いながらも、愛を欲してるのよ。辛い、ほんと辛い。

ドラマ「凪のお暇」の記事一覧

\登録月 無料体験/

「凪のお暇」をParaviで視聴する

スポンサーリンク

9話のあらすじ(ネタバレ)

あらすじを読みとばす

突然上京してきた母・夕 (片平なぎさ) に咎められている凪 (黒木華) をみて、とっさに凪の婚約者と言ってしまった 慎二 (高橋一生)。

凪を庇おうとした嘘だったが、気を良くした夕は、慎二の両親に挨拶がしたいと言い出す。逃れる術もなく、慎二の母・加奈子 (西田尚美) に電話をし、母親たちは意気投合。トントン拍子で、大島家と我聞家の両家顔合わせが決まってしまう。

なんとか話を白紙に戻そうとする慎二だったが、母親の嬉しそうな顔をみると何も言い出せない。凪もまた、母親の圧力に言葉を飲み込んでしまう。

そんな二人の様子に、龍子 (市川実日子) は「いい歳して親の顔色を気にして言いなりなんておかしい」と不思議がるが、緑 (三田佳子) は「いっそ嫌いになれたら楽なんでしょうけどね。家族ってやっかいよねぇ」と言葉を返す。

続きを読む (ネタバレ)

一方、円 (唐田えりか) は、久しぶりに会った大阪支社の同僚から、かつて円が担当していた会社はすべて契約が切られた「みんなあなたの顔が目当てだった」と言われる。また足立心 (瀧内 公美) は、円が『空気クラッシャー』と呼ばれていたと噂する。

ショックを受けた円は、慎二の姿を求めてスナック『バブル』に向かう。しかしそこで、凪と慎二の顔合わせの話を耳にしてしまう。

酒に酔いながら、これまでの苦しみを吐き出す円。子どもの頃から『空気を壊す』と言われ、かわい子ぶってる、いい子ぶってる、どんなに頑張っても”美人だから”と片付けられてしまう。そんな自分を理解してくれていたであろう慎二に「まだ可能性はありますか」と尋ねるが、慎二は「ごめん」と答える。

そして大島家と我聞家の顔合わせ当日を迎える。凪は、母の忠告を無視して、ストレートヘアに直さずに会場に向かう。慎二の母・加奈子は不愉快そうな顔で、凪と夕を待ち構えていた。

加奈子は凪の素性をすべて調べていた。借金をつくった父親が失踪したこと、凪が慎二の会社を辞めてスナックで働いていること。凪と夕をけなし続ける母に、慎二は取り繕うばかりで何も言い返せない。

そこに慎二の兄・慎一 (シソンヌ長谷川) があらわれる。そして、母親の整形、父の愛人問題、自身の現状など、ひた隠しにしてきた我聞家の嘘を大声で暴きだす。そんな兄を必死に止めようとする慎二の姿をみて、凪はすべてを悟る。自分と慎二は同じだと。

この失態をみた夕は、自分の期待に応えない凪を責める。うつむいた凪は「嫌い」とポツリとつぶやいた。「嫌い。お母さんがずっと。」これまで溜め込んでいた母への気持ちを一気に語り出す。

そして「私はお母さんのためには生きられない。期待にこたえられなくてごめん。でもそんな自分の方が生きてて楽しい」そういって、慎二とともに会場をあとにする。

公園で凪と慎二ははじめて自分の抱えてきた苦しみを明かすが、ひどいことを言ってしまったと凪は泣く。慎二は米寿の会をぶち壊してしまったことを嘆き、ふたりは声を上げて泣いた。

すべてをさらけ出した二人の距離は縮まった。そこへゴン (中村倫也) があらわれる。これまで無数に渡してきた合鍵をすべて回収したゴンは「これからは凪ちゃんだけをみる。凪ちゃんだけに優しくする。凪ちゃんだけを好きでいる。俺と付き合ってください」とまっすぐに想いを告げる。

作品情報

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

コナリミサト
288円(11/30 17:22時点)
発売日: 2017/06/16
Amazonの情報を掲載しています

キャスト

・大島 凪 …… 黒木 華
・我聞 慎二 …… 高橋 一生
・安良城 ゴン …… 中村 倫也
・坂本 龍子 …… 市川 実日子
・スナック「バブル」のママ …… 武田 真治
・白石 みすず …… 吉田 羊
・吉永 緑 …… 三田 佳子
・大島 夕 …… 片平 なぎさ

スポンサーリンク

9話の感想

空気クラッシャー

足立さん役の瀧内公美さん。マジで彼女が悪いわけじゃなくて、役だってわかってるんですけど

なにこの嫌な女〜〜!!

100歩ゆずって、円ちゃんが気に入らないのなら分かるよ。でも違うやん。凪にも意地悪してたでしょ。

そんで別に慎二のことをすごい好きとかそういうんでもないのよね。ただただマウント取りたいんでしょ。取り巻きたちみたいにならないのが気に入らないんでしょ。あぁものすごい嫌だ。

んで、円ちゃんのどこが『空気クラッシャー』やねん。めっちゃくちゃ空気読んでるわ、ちょっと慎二っぽいもん。そんでもって、メンタルも強いし、さらに性格もいい、そんで顔、髪、パーフェクト。

どこに言っても言われつづけてきた『空気クラッシャー』と『顔面史上論』を否定して、自分の努力を認めてくれた慎二 (5話) に、ぐっときちゃったのね。分かる。

だけど、そういうこと理解してくれる人って、ほんとはもっとちゃんといるよ!!幸せになってほしい。

慎二兄のクラッシャーぶりを円ちゃんにみせてあげたかった。

アダルトチルドレンの辛さ

大好きな凪が自分の母親にあそこまで言われてて、慎二が殻を破るとしたらあの場面しかないと思ったけど、それでも破れなかった…

からの、クラッシャー登場!

慎一があの場をクラッシュしてくれてほんと良かった。凪は、慎二が自分と同じだと気づいて、勇気が出たんだよね。慎二の苦しみを自分に重ねて、二人分の想いを背負って。

人って自分だけのためよりも、誰かのためのほうが頑張れたりする。

公園で、子どもみたいに声をあげて泣いているふたりが辛かった。あの姿を、ふたりの親は見るべきだわ。見てよ。

「嫌い。お母さんがずっと。罪悪感をあおっていうことをきかせようとするところとか、外ではいい人ぶるところとか、自分もできないことを私に期待するところとか。だけとお母さんかわいそう。ひとりぼっちだから。だから私が必要なんだよね。ごめん、わたしお母さんのためには生きられない。期待に応えられなくてごめん。でも期待にこたえない自分の方が、みっともない自分の方が生きてて楽しいんだ」

あぁいう親って、自分がやってきたことの重さにまったく気づいてないよね。小さな我が子にどれだけの心の傷を与えてきたのかまったくわかってない。

下手したら凪の母親は「えっ!そんな風に思ってたの!?」ぐらいかもしれない。

アダルトチルドレンとは

子どものころに、家庭内トラウマ(心的外傷)によって傷つき、そしておとなになった人たちを指します。子どものころの家庭の経験をひきずり、現在生きる上で支障があると思われる人たちのことです。それは、親の期待に添うような生き方に縛られ、自分自身の感情を感じられなくなってしまった人、誰かのために生きることが生きがいになってしまった人、よい子を続けられない罪悪感や、居場所のない孤独感に苦しんでいる人々です。

(引用元:アダルト・チルドレンってなに?)

あぁでも、こういうのって同じ境遇の人同士で語り合うセラピーとかなかったっけ?慎二と凪のあれは、二人にとって大事な時間だったね。

それでもさ「お母さんにひどいこと言った…」って泣く凪の気持ちが痛いほどわかって、泣けた… 慎二が必死に守ってきたみんなの笑顔も壊れちゃったものね。あなたのせいじゃない。

ゴンのピュアな告白

さてさて、凪と慎二の独立宣言に、もう胸いっぱいだし、分かり合えた二人はもうこれでOKでいいでしょ、って思ったらゴンさんきたわ。

ジャラジャラジャラジャラ…ってどんだけ鍵渡しとんねん。あれだけの数の女性と関係もってたとか想像すると、やっぱりちょっと引くけどね。

かーらーの、

「これからは凪ちゃんだけをみる。凪ちゃんだけに優しくする。凪ちゃんだけを好きでいる。俺と付き合ってください」

ってその中学生みたいなピュアすぎる告白!!ずるい!

と言ってる間に、来週は最終回?ほんと?まだまだ全然いけるけど。凪ちゃん、ずっとお暇でいてくださいな。

ドラマ「凪のお暇」に関する記事はこちら

「凪のお暇」見逃し配信

『凪のお暇』はParaviで全話視聴できます。

Paravi は月額925円 (税抜) で、登録から30日間無料体験ができます。

\登録30日間 無料体験/

「凪のお暇」をParaviで視聴する

コメント