映画「人魚の眠る家」感想|子どもの脳死。生かしつづけるのは親のエゴか

映画
(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

泣きすぎて頭がいたい。

映画『人魚の眠る家』を観てきました。東野圭吾さんの同名小説を元にした、子どもの脳死と臓器移植をテーマにした作品です。

心臓が動いている、あたたかな我が子を、死んだと認められるか。
脳死と心臓死、なにをもって死とするのか。

数々の作品が映画化されてきた東野圭吾さん自身も「この重たいテーマだけは敬遠されるだろうと予想していた」というほど、重い。

原作をよんだときは、何度もページをめくる手が止まりました。答えの出ない問いを突きつけられて、立ち止まってしまって。

薫子が、母としてどんな結末を迎えたか。狂気にも思えるほどの彼女の愛に、共感してしまう部分が多いのも事実。

スポンサーリンク

あらすじ

二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)と、IT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。そんな二人は、娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。だがある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという悲報が届く。意識不明のまま回復の見込みがない娘を前に、生かし続けるか、死を受け入れるかという究極の選択を迫られた二人は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていくのだった。やがて、和昌の父・多津朗(田中泯)や、薫子の母・千鶴子(松坂慶子)、技術研究者の星野祐也(坂口健太郎)とその恋人・川嶋真緒(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていく……。

引用元:Movie Walker

映画『人魚の眠る家』予告編 第2弾

作品情報

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

東野 圭吾
788円(08/24 03:34時点)
発売日: 2018/05/30
Amazonの情報を掲載しています

キャスト

播磨薫子 …… 篠原涼子
瑞穂と生人の母親。脳死状態になった娘の回復を信じる。

播磨和昌 …… 西島秀俊
薫子の夫で技術メーカー社長。瑞穂の治療に最新技術を試すことを提案する。

播磨瑞穂 …… 稲垣来泉
薫子の娘。プールでの事故で脳死状態になる。

播磨生人 …… 斎藤汰鷹
薫子の息子で、瑞穂の弟。姉は生きていると信じている。

星野祐也 …… 坂口健太郎
和昌の会社の技術者。瑞穂の治療に協力する。

川嶋真緒 …… 川栄李奈
星野の恋人。播磨家にのめり込む星野を気にかける。

美晴 …… 山口紗弥加
薫子の妹。姉を気遣う。

進藤 …… 田中哲司
瑞穂の担当医で、脳外科医。

播磨多津朗 …… 田中泯
和昌の父で、会社の創業者。

千鶴子 …… 松坂慶子
薫子の母。瑞穂の事故を防げなかった責任を感じている。

スポンサーリンク

感想

この映画のレビューに「播磨家はお金持ちだからあんなことができるんだ」とかなんとかありましたが…

ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃない。

そもそもこの映画は、金銭問題を引き合いに出す設定ではいけないのです。

お金や時間、すべての要素を取り去って、子どもを生かしたいという母の想いはどこまでいくのかというところが重要。

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

父親も子どもには愛情をもっているけど、母親のそれはやはりあまりにも深い。薫子は、技術の力をつかって、人間が超えてはいけない領域まで踏み込んでしまいます。

我が子が脳死状態になったとき、臓器提供を決断するのも親心だし、拒むのも親心。そこに正解なんてない。たとえ薫子のように、それが狂気になったとしても。

「自分だったらどうするだろう」という問いは、正直考えたくもないほど受け入れがたいことですが、薫子の行動に否定的な感情は起こらないのが、私の答えなんだろうなと。

人工呼吸器が不要になり「これで頭からかぶる洋服も着せられる」と喜んだ薫子と、ピンときていなかった和昌の対比が、母親と父親の視点をうまくあらわしています。

東野圭吾さん、よく分かってるなぁと唸ります。

生かすことは親のエゴ

あんな形で瑞穂を生かし続けることは「親のエゴ」だと作中でもあったし、本当そうだと思う。

だけどエゴだと言われようとも生きていてほしい。瑞穂にとって何が幸せかなんてわからないけれど、生きていてほしいもの。

技術の力で、はじめて瑞穂の足があがったとき、薫子も和昌も、まるではじめて歩いた我が子を見るような表情をしてた。

絶望の中で、小さな光をみつけていくかのような日々。

加速していく薫子に否定的になる和昌も「瑞穂は死んでいる」といいながら「瑞穂を殺さないでくれ」という。折り合いがつかない心の揺れを、西島秀俊さんが熱演していました。

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

薫子もまた、まるで操り人形のように装置でうごく娘に喜びを感じているようで、元気に走り回る瑞穂を思い浮かべては涙する。戻れない現実と葛藤しているようにみえました。

篠原涼子さんも2人の子を持つ親として、この仕事をやりぬく自信がなく、はじめは戸惑ったそうです。子を持つ親としては、なんとも苦しいテーマです。

原作との違い

原作は日本における「子どもの臓器移植」の問題に、もう少し深く踏み込んでいて、提供する側・される側、両方の視点から考えさせられます。

だけど2時間という枠の中で、それらすべてを表現しようとすると収集がつかなくなるので、映画は映画で良かった。

映像化された播磨家の美しい庭をみるとなんかもうそれだけで泣きそうでした。(冒頭のカメラワークはほんと酔いそうになりましたが)

生人くんの無邪気さも、成長によって芽生える違和感も悲しみも。そこに命が注ぎ込まれるだけで、生き生きとします。

(C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

原作の薫子には、密かに2つの想いが交錯していましたが、それも映画では省略。その葛藤は夫・和昌に委ねられていました。

あの部分が好きだったので、そこはちょっと残念でしたが。

小説と映像で違いはあるけれども、がっかりしない取捨だったと思います。原作未読の方は、こちらもおすすめです。

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

東野 圭吾
788円(08/24 03:34時点)
発売日: 2018/05/30
Amazonの情報を掲載しています

コメント