ドラマ「シャーロック」2話ネタバレ感想|菅野美穂の無駄遣い!動機も真相も苦しい

2010年代のドラマ
『シャーロック』公式HP
スポンサーリンク

ドラマ『シャーロック』2話の感想… なんですが、書けるかな。

正直、よく分からなかった

動機は結局なんやったん?

一生懸命やってやったのに、嘘つかれてた挙句「偽物」って罵られたことでいいのかな。

過去の体験も相まって感情が高ぶったことはわかるのだけど、こんな冷静な女がそんなことぐらいで殺すかね?

性格と動機がアンバランスな印象だなぁ。

スポンサーリンク

2話のあらすじ

あらすじを読みとばす

事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。

(引用元:『シャーロック』公式HP

作品情報

  • 放送期間:2019年10月 – 12月
  • 制作局:
  • 原作:アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズ
  • 脚本:井上由美子 (『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』、『白い巨塔』)
  • 主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」

キャスト

・誉 獅子雄 …… ディーン・フジオカ
・若宮 潤一 …… 岩田剛典
・小暮 クミコ …… 山田真歩
・レオ …… ゆうたろう
・江藤 礼二 …… 佐々木蔵之介

2話ゲスト

・青木藍子 (弁護士) …… 菅野美穂
・河本美沙 (藍子の事務所のアルバイト) …… 岸井ゆきの

スポンサーリンク

2話の感想

弁護士・青木藍子の犯行動機

多くの嘘をついて藍子をだましていた依頼人・高橋博美は言う、

「あんた優しい顔をしながら人の不幸を利用して笑いたいだけでしょ、褒められたいだけでしょ。偽善者じゃん、偽物じゃん!」

この言葉を聞いた藍子はカッとなり、博美を撲殺してしまう。

なんでや…。

その裏には、藍子の母親が死んだ経緯も絡んでくるんだけれど、それにしても動機が弱すぎる。

藍子の母親は、彼女が高校生のとき自殺していた。藍子は、母親の自殺の気配に気づいていたが、気づかぬふりをしていたという。

なぜなら彼女にとって母親は ”害” をもたらすものだったから。

「虫けらって、人に甘い顔をされたら最後まで蜜を吸い尽くす害虫になるの。母とかあの女みたいに」

多くは語られなかったけれど、つまりは毒親の気があったんでしょうね。

そんな母親でも、手を差し出さなかったことへの罪悪感を抱えながら、弁護士としての華々しい人生を自身の手でつかみとった藍子。

博美のそれは、母親に重なってしまったのか…

とはいえ、こうして自分の力で生きてきた藍子が、あの程度の挑発にカッとなって人を殺すなんてとても思えないんだけどねぇ。

しかも弁護士なのに凶器をずっと飾っておくとか…

違和感わかるけど、シャーロックは原作があるから筋書きはなんとも言えないね。

博美の遺体がどうなったかとかは、まぁそこまで泥臭くしたくないだろうからいいとして、せめて動機の部分はもうちょっと納得のいく形にしてほしかったな。

”偽物”という言葉が藍子にとっての起爆剤になりうる理由が知りたかった。

聖女にも悪女にもなれる菅野美穂

お話はまぁよくわかんなかったけど、菅野美穂さんはやっぱり素晴らしいですね。

トーク番組なんかで見る彼女は、天真爛漫というか、とてもサバサバした明るい女性という感じなのだけれど、こうドラマになるとガラリと雰囲気変えてくる。

敏腕弁護士として依頼者に寄り添う表の顔にも説得力があるし、また本性を表した悪女の笑顔もゾクッとさせる力がある。

獅子雄に図星をつかれたときの、藍子の平手打ちがめちゃくちゃかっこよかったし、女にビンタされるディーンさんもなかなか乙でしたね。

願わくば、もう少し若宮潤一の精神科医ならではの活躍がみられるといいんだけど。

第3話のゲストは、伊藤歩さんと岡田義徳さん。

毎回、ゲストがいいんだよなぁ。文句言いながら見ちゃいそう。

『シャーロック』の見逃し動画配信

『シャーロック』はFODで配信されています。月額888円 (税抜) 。AmazonPayなら、初回1ヶ月無料で見ることができます。

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「シャーロック」をFODで視聴する

動画配信サービス一覧
料金(月額) 配信数 無料期間
Amazon 500円 14,000以上 30日間
FOD 888円 3万本以上 1ヶ月
Hulu 933円 5万本以上 2週間
Paravi 925円 非公開 30日間
U-NEXT 1,990円 15万本以上 31日間

 

コメント