ドラマ「ヤヌスの鏡」7話ネタバレ感想|裏人格を愛した達也(塩野瑛久)の想いが切ない

ネットドラマ
スポンサーリンク

FODオリジナルドラマ『ヤヌスの鏡』第7話の感想です。

甲本、やっぱり死んでたか…。

あれだけ滅多打ちされたらそうなるわなと思いつつ、あまりにも早い萩原聖人さんの退場にシュンとなる私。

しかし『ヤヌスの鏡』ってこんな激しいドラマだったっけ? (オリジナルのほう)

子どもだったし、内容全然覚えてないけど、大沢逸美さん扮する ”お涼” とのヤンキー合戦みたいなあれと思ってたけど。

保阪尚希が… あ、それは『この子誰の子』か。ついでにそっちもリメイクお願いします。

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「ヤヌスの鏡」をFODで視聴する

スポンサーリンク

7話のあらすじ

あらすじを読みとばす

甲本 (萩原聖人) が死んだ。ヒロミ (桜井日奈子) は、ユミのことを知る進東 (白洲迅)「甲本を殺したのはユミだ」と告白する。自分の責任を感じ、警察に行こうとするヒロミを進東が引き止める。

鏡に向かってヒロミはユミを呼び出した。ユミを待ち伏せしていた進東が「ヒロミを自由にしてくれ」と言うと、ユミは「分かった自由にしてあげる」と去っていった。

進東は達也に会いにいき、甲本を殺したのはユミだと伝えた。そしてユミは、ヒロミの心が生み出したもうひとつの人格であることを明かした。

「ユミははじめから存在しなかった」という進東の言葉に、呆然とする達也。ユミとの時間を思い出していた。

続きを読む (ネタバレ)

そんなとき、ユミの前に涼子があらわれた。ナイフを手にユミに向かってきた涼子だったが、突然、達也があらわれてユミをかばう。「俺、ユミのこと本気だったんだぞ」と苦しい息で達也は伝えた。

達也は無事だった。見舞いに来た進東に「涼子からユミを守ってくれ」と頼むのだが、涼子は死んだと聞かされる。それがユミの仕業であることを察した達也は、進東に、ユミを助けてくれと懇願する。

ヒロミの家をたずねた進東を、貴子 (国生さゆり) は激しい剣幕で追い返す。しかし叔母は進東を追いかけ、ヒロミの生い立ちや貴子からの虐待など、すべてを話した。

ヒロミの部屋で口紅をみつけた貴子は、激昂し、ヒロミを納屋に閉じ込めてしまう。鏡の中に再びユミがあらわれた。ユミは「一緒に貴子を殺そう」と話を持ちかける。

そんなこと望んでいないというヒロミに「本当はいなくなればいいと思ってるんだろ。だから私を作っだんだろう。もう一人の自分を!」とユミは叫ぶ。

ヒロミは気を失い、再び目覚めたのは… ユミだった。

作品情報

  • 配信期間:2019年8月ー
  • 制作局:フジテレビジョン
  • 原作:宮脇明子「ヤヌスの鏡
ヤヌスの鏡 1 (集英社文庫(コミック版))

ヤヌスの鏡 1 (集英社文庫(コミック版))

宮脇 明子
発売日: 1999/10/15
Amazonの情報を掲載しています
  • 脚本:阿相クミコ、青木江梨花
  • 主題歌:桜井日奈子「花と毒薬
花と毒薬

花と毒薬

250円(11/17 16:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
『花と毒薬』桜井日奈子

キャスト

小沢裕美 (おざわ ひろみ) …… 桜井日奈子
進東健一 (しんどう けんいち) …… 白洲迅
小沢貴子 (おざわ たかこ) …… 国生さゆり
堤達也 (つつみ たつや) …… 塩野瑛久
東涼子 (あずま りょうこ) …… 仁村紗和
阿部純 (あべ じゅん) …… 森マリア
甲本一成 (こうもと かずなり) …… 萩原聖人

スポンサーリンク

7話の感想

多重人格者の犯罪

ユミが甲本を殺したことがわかり、警察に行くというヒロミ。

進東が「それで問題は解決するの?ユミの罪をかぶって小沢さんが捕まっても、ユミは何も変わらない。罰を受けなきゃいけないのはユミの方でしょ」という。

気持ちはわかるけれど… うーん、難しい問題だな。

多重人格者の犯罪といえば思い出すのが、24の人格を持つ ”ビリー・ミリガン” が思い浮かびます。

3歳の少女や26歳の教師など実に様々な人格を持ち、性格だけでなく訛りや言語までも変化する。ひとつの凶暴な人格が女性に対する事件を起こし、逮捕されるが、多重人格が認められ無罪となる。

ビリーもまた養父の虐待を受けており、その苦しみから逃れるために別人格をつくりました。だけど、挙句、それに支配され人生を狂わされてしまうなんて。

24人のビリー・ミリガン〔新版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

24人のビリー・ミリガン〔新版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ダニエル・キイス
1,100円(11/17 13:20時点)
発売日: 2015/05/08
Amazonの情報を掲載しています
そう考えるとヒロミに罪は問えないと思いますが、進東のいう「罰を受けなきゃいけないのはユミのほう」 というその手段やいかに。

「ヒロミを自由にする」ユミの意図は

消えてくれという進東に「ヒロミを自由にする」とあっさり承諾したユミ。

”自由にする” とは、貴子の支配からヒロミを解放するということよね。つまりは、貴子を亡き者にするということ。

甲本の死だけでもびっくりなのに、涼子も、さらに貴子までをも手にかけようとしているユミに「こんな連続殺人の話だっけ?」と急に背筋が伸びました。

「杉浦幸のドラマ懐かしー」とか軽く見始めたはずだったのに。

しかし、ヒロミ側の人間にとっては、ユミの存在は ”裏” でしかないのだけど、達也にとってはかけがえのない存在で。

「最初から存在しない」なんて寂しすぎるよなぁ… 達也の切なさが胸をうちます。

ユミの狂気は怖いんだけど、ヒロミのあの性格もなんとか救ってやりたい。揺れる視聴者1です。

次回は最終話。どう解決するのか、非常に興味が高まります。

『ヤヌスの鏡』の見逃し動画配信

『ヤヌスの鏡』はFODで全話視聴できます。

FOD は月額888円 (税抜) で、Amazonアカウント経由の登録で30日間無料体験できます。

\月額888円 (税抜) 1ヶ月無料!/

「ヤヌスの鏡」をFODで視聴する

動画配信サービス一覧
料金(月額) 配信数 無料期間
Amazon 500円 14,000以上 30日間
FOD 888円 3万本以上 1ヶ月
Hulu 933円 5万本以上 2週間
Paravi 925円 非公開 30日間
U-NEXT 1,990円 15万本以上 31日間

 

コメント